☆2017年12月11日のAB型最新記事はこちら☆

風水ではカエルの置物を玄関に置くと完璧!

Pocket

というわけで、今回はカエルの置物がどういった効果をもたらしてくれるのかを紹介していきたいと思います。カエルは正直好き嫌いがハッキリ分かれる生き物ですよね。私は特にカエルに対して嫌悪感は感じたことがないですが、周りには苦手な人達も多いです。しかし、置物やインテリアとしてなら可愛く見えるという人もいますね。

スポンサードリンク

カエルの置物には商売繁盛の効果が!?

036

商売繁盛のお守りの置物としては皆さまは一体何をイメージするでしょうか?そうです、『 招き猫 』ですよね?招き猫は商売繁盛の象徴として数々のお店の玄関(レジの横など)に置いてある光景を多々見ることと思います。しかし、カエルの置物にも招き猫同様に商売繁盛の効果をもたらしてくれるということをご存知ですか?

 

カエルにはそれぞれ『 返る 』『 還る 』『 帰る 』ともされていて、『 幸運やお金が還ってくる 』と言われているんです。まぁ結局捉え方なので、逆にお客様が帰ってしまうとかそういう悪いイメージを思って敬遠する人もいるでしょうが。ですが、がま口のレトロなデザインの財布も最近では人気が出てきて、金運が上昇するということでも注目を浴びています。

 

お店を経営されている方は招き猫ならぬ招きカエルをお店の入り口に置いて口にお金のコインを噛ませておくことで、商売繁盛の御利益を受けることが出来るかもしれませんよ。ですがここで一つ注意点があります。カエルの足の数にこだわりを持つ必要があるのです。

 

カエルの足が3本足であることを確認!?

1050240401-1

カエルといえば当たり前ですが全部で4本ありますよね。しかし、商売繁盛のために招きカエルを置きたいならば、足が3本のカエルの置物を選ぶようにしましょう。風水では3本足のカエルには飛躍的に財運を上げるパワーがあるとされているのです。どんなイメージか浮かびにくいかもしれませんが、調べてみると色々と出てくるので是非確認しておいてください。

 

とある説では、財をかき集めて咥えるために足が3本になってしまったとかないとか。また、元々金貨を貪っている妖怪が3本足のカエルだったという話もあります。仙人によって釣りあげられたカエルが仙人の弟子になり、お金を口から出すことによって人助けをするようになる。なんて話もあったそうです。

スポンサードリンク

玄関にカエルの置物を置く方向はどこ?

はい、きましたね。方向は風水においてとても重要なポジションを持っているので、間違えた方向に縁起の良い物を置いたとしても効果を十分に得ることは出来ません。置物によっては逆に悪い運気を取り入れてしまうことにもなるので注意が必要でしょう。もちろん今回紹介するカエルの置物に関してでもですが、少し他の置物とは違う置き方をするんです。

 

カエルは逆の方向に置くこと!

real

なんのことやらと思うでしょうが聞いてください。今まで紹介してきた置物に関して全て共通しているところはどれも玄関に顔が向くようにして置くようにしましょうと紹介しましたね。詳しくはまず龍の置物について記した風水では玄関の正面の方向へ龍の置物を!を参考にしてみるといいでしょう。

 

しかし、カエルの置物の場合、逆に置く必要があるんです。つまり、カエルの顔を玄関の外に向けるのではなく、自分の部屋の方向へ向くように配置する必要があるんです。他の置物は厄や邪気から守るために外の方向へ向けるのですが、カエルの場合はせっかくの福や金運を外へ吐き出してしまわないように、中へ取り込むために室内側へ向けて置くことが重要なんですね。

 

また、カエルの置物以外にも、まだまだ違った良い運気上昇が期待できる置物がありますので、以前紹介した記事を下記に置いておきますので、気になる記事を読んでみるといいでしょう。参考になりますよ。

 

<参考記事>

>>風水では鬼門の玄関に猿の置物が良い

>>玄関に必要な置物は風水では鳥かごがオススメ

>>風水において玄関にフクロウの置物を置けば運気上昇!

>風水では玄関に飾る置物はシーサーがおすすめ!

 

招きカエルの効果を引き出すには!?

お店を経営されてる方にもっと具体的に説明しますと、お店を開店した時は外から福を呼び込むために店の入り口の方向へ向けておいて、お店を閉じる時は取り込んだ福を外へ吐き出してしまわないように室内側へ向けておくイメージです。そうすれば、招き猫ならぬ招きカエルの商売繁盛の恩恵を余すことなく受けることに最も効果的とされているのでオススメします。

>>今本当に悩んでいる方以外は読む必要はありません。

スポンサードリンク

いいね!』を押して『MyMe』からの最新情報を入手しよう!

 

本日も最後までご愛読頂き、誠に有難うございます。

つきましては、下記のSNSでの『共有』の方も宜しくお願いします。

top_0c21b925-458e-4d8c-87c4-f66a4ba5b336145

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です